FC2ブログ

〝ケアびーくる便り”

大和市で、車両と介助で外出の仕事をしている、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ ケア・びーくるの日々のつぶやきブログです。             ホームページ:http://care-vehicle.org/ 

運行管理のつぶやきから

10月に入りましたが、日中はまだまだ暑い日が続きますね。


メンバーに、日に1回送られてくる運行管理者からの報告書の、

ある日のつぶやきから・・・・

~~~~~~~~~~~~~

9月の下旬と思えないような暑い1日でしたが、

庭では金木犀が香り、紅白のヒガンバナ、ホトトギス、シュウメイギクの花が咲き、

秋模様になっています。



今日もみなさまありがとうございました。

暑いのに日産キャラバンのエアコンが利かなく地獄だったそうです。

また長時間のサービスが多く、みなさまお疲れ様でした。

特に当日依頼のサービスは入院?入院しない?結局入院と

あれやこれやで長時間になりました。

電話番も担当者とのメールのやり取りが15回以上、

電話のやり取りもご家族や施設、担当者にと20回以上で、

落ち着かない1日でした。

季節の変わり目で体調を崩されたのでしょうか。



明日もお気をつけてよろしくお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~~~

ケアびーくるのサービスは、運転しているスタッフだけではなく、

このように、受付をしている運行管理者が陰で支えています。


ちなみに筆者は、この数年、福祉車両の助成を担当しているので、

この報告書を読み、この春に申請した『24時間テレビ』の

福祉車両の寄贈の結果が、気になりました。

使い始めて年数の経つキャラバンの更新は必須です。

どうにか審査を通りますように!





[ 2019/10/02 07:47 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

さようなら 『セレナ』

今日は、スロープ式の福祉車両『日産セレナ』との、

別れの日でした。


正面

内部



都合がつくメンバーが集まり、名残を惜しみました。

メンバー


2004年3月、大和市から、ケアびーくると大和市腎友会に、

セレナが1台ずつ貸与されました。(その後、譲渡)

そして、今日まで、ご利用者様に親しまれ、

メンバーからも愛されて、15年の月日が経ちました。


その間、たくさんの大きな部品を交換し、

メンテナンスには十分力を入れてきましたので、

まだまだ元気に走れそうですが、経年劣化も気になりますし、

スロープを使って、重い車イスを押し上げるのは、

メンバーの腰に負担がかかるということもあり、

新しい福祉車両にバトンタッチすることになりました。



これからは、譲渡先の市内の少年野球チームで、ボールや用具などを載せて、

頑張ってくれることと思います。


新品で私たちの所にやって来た日が、昨日のように思い出されますが、

明日からは、元気な子供たちの歓声が聞こえる所で、

活躍してくれることでしょう。

これからも頑張って!  大好きなセレナくん!

セレナ2
[ 2019/03/17 20:50 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

今年もあと 半月!

あっと言う間に、もう、12月も半ば。

2018年、平成30年が去ろうとしています。


ケアびーくるは、今年で創立20周年を迎えました。

『ケアびーくる通信』は  設立20周年記念号として、

これまでの振り返りや現メンバーの一言メッセージなども盛り込みました。



そして、今年の懸案であった福祉車両の更新も、

一昨日、日本財団から助成の通知をいただき、

この、記念の年に今年の目標はほぼ達成できたことに安堵しています。


新しい年も更なる飛躍をめざし、一歩一歩、着実に歩んでまいりたいと思います。
[ 2018/12/16 08:34 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

当世老人ホーム考

7日の記事で、高齢者施設の微笑ましい様子をご紹介しましたが、

近頃は有料老人ホームにかなりお元気なうちから、

安心のために入居される方が多くなりました。

Read More

[ 2018/08/09 11:05 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)

熊本地震と「つる舞の里歴史資料館」

2016年は、どうにか平穏無事な年であってほしいと迎えた今年のお正月でした。

しかし、4月14日21時26分(JST)以降、熊本県及び大分県を中心として、

連続して大きな地震がやってきて、これは悪夢かと思うほどの惨状。


被災されている皆様には、心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。

そして、一日も早い地震の終息と、復旧・復興をお祈りいたします。



東日本大震災から5年。

地震の巣の上に日本列島が位置していることを痛感するこの頃です。


しかし、日本は、豊かな温泉と、活火山が織りなす風光明媚な自然に恵まれ、

縄文の、いえ、石器時代の昔からこうして天変地異に遭いながらも、

たくましく命をつないできたのでしょうね。


唐突ですが、私達の大和市内のある、博物館をご紹介いたします。


ここ、大和市の北部にある大和市つる舞の里歴史資料館には、

大和で人々が暮らし始めた旧石器時代のはじめ頃から

江戸時代までの貴重な資料が展示されています。


特に、市の北部にある月見野遺跡群は考古学史上重要な遺跡群であり、

この資料館には多くの石器類や日本最古級の土器などを展示されています。




人間の手には及ばない大きな問題に直面した時は、

考古学に触れてみるのも良いかもしれません。


知恵がわき、今すべきことに気が付く気がいたします。



住所は、大和市つきみ野7-3-2にあります。

田園都市線つきみ野駅から、北へ徒歩7分。

休館日もありますので、お問い合わせください。

電話:046-278-3633

n105.jpg
(神奈川県博物館協会のページからお借りしました)




[ 2016/04/27 04:42 ] つぶやき | TB(0) | CM(0)