FC2ブログ

〝ケアびーくる便り”

大和市で、車両と介助で外出の仕事をしている、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ ケア・びーくるの日々のつぶやきブログです。             ホームページ:http://care-vehicle.org/ 

花火大会に!

今年も、酷暑の日々が続きましたが、やっと、一息つける涼しさがやってきましたね。


さて、夏と言えば花火。

ヒュルヒュル~~  ドンッ!  と、大空に、大きく花開く

打ち上げ花火のダイナミックさは、格別です。



今年の5月末、ご利用者さんの一人であるKさんから、

「4月6日付の、ブログの記事で、お花見の記事を読みました。

息子に花火を見させてあげたいのだけれど、できますか?」との

問い合わせがありました。


「もちろん、大丈夫です」とお受けしました。


続きへどうぞ。




~~~~~~~~~~~~~~~~~


Kさんには、幼いころから難病を患い

寝たきりのRさんという、息子さんがいらっしゃいます(28歳)。

普段、通院以外の外出がほとんどない息子さんに、

本物の花火を見せたい。

花火が打ちあがるド~ンという大きな音や振動も、

体感させてやりたいと強く思われたそうです。

そんな折、「うちの会社の駐車場から、花火が良く見えるから来ませんか?」と、

ご招待くださった方がいらしたそうです。

そこで、ケアびーくるに送迎の打診がありました。



それから、8月の花火大会までご家族全員で、

この日に向けて色々な準備をしながらを楽しみに待たれたそうです。

お兄様は、この家族プロジェクトに『Rに花火見せ隊』と命名したそうです。

 
お兄さんや弟さんは、日頃は離れて暮らしているので、

ご兄弟と一緒に見る花火に、Rさんは大変喜ばれたそうです。  

67475799_366014727644408_1201879647835389952_na.jpg


お母様のフェイスブックの言葉をお借りしてきました。


*********

Rは、大きな大きな花火を見て、目を丸くしたり、笑顔になったり。

長男は、この日のために連休をとってくれました。

末っ子は、長野から帰って来てくれました。

その二人が、代わる代わる、Rの手を握り、体調に気を配っていました。

今ここにある幸せに感謝

*********

『Rに花火見せ隊』は、こうして、大成功につながりました。

Rさんへの、ご家族の愛情が伝わってきて、

心に沁みます。

Rさんにとっても、最高の夏の想い出になったことでしょう。

67617310_366014760977738_6837005490422022144_na.jpg

「みなさんの一つひとつの協力が、このプロジェクトの成功につながりました。

ありがとうございました」と、お母様から感謝の言葉をいただきました。


私たちにとっても、この活動をしていてよかったと思う瞬間です。



*この記事の内容並びに写真の提供は、ご家族からご了承いただいています。

[ 2019/08/28 18:01 ] サービス事例 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する