FC2ブログ

〝ケアびーくる便り”

大和市で、車両と介助で外出の仕事をしている、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ ケア・びーくるの日々のつぶやきブログです。             ホームページ:http://care-vehicle.org/ 

美術展へ行ってきました

秋が深まりましたね。

秋といえば、美術・音楽・・・

芸術の秋ですね。




ご利用者様の中にも、車いす生活になられても、

油絵を描き続けている方がいらっしゃいます。



今月の上旬、上野の東京都美術館で開かれた「流形展」にメンバーが行ってきました。

東京都美術館


ご利用者Kさんは、10年以上前から、ケアびーくるを利用していらっしゃいます。

通院などの他に、近くの学習センターなどで開かれている、

絵画教室のサークルにも通われ、

ワーカーは、送迎の他に、道具の運搬、イーゼルのセットなどのサポートをします。


屋外での写生にもケアびーくるを利用されます。


Kさんは、絵を描くという生きがいがあるからこそ、元気に暮らせると、

良くお話しされています。



以下、メンバーのリポートを続きに・・・・。




~~~~~~~~~~~~~~~


10月2日(金)上野の東京都美術館に、

ご利用者でいらっしゃるKさんの絵を見に行き、

写真を撮ってきました。


Kさんは、昨年に引き続き、「流形展」の一般公募に応募され、

3点入選されました。

以下、その作品です。


「花」
IMG_0371a.jpg


「読書する夫人」
IMG_0372a.jpg

色彩が美しく、しばし、魅入りました。



また、今回の絵を、ケアび-くるのブログに掲載させて頂くにあたり、

Kさんからのコメントをいただきました。



  町田の薬師池公園に写生に行って描いた藤の絵について

「藤」
IMG_0375a.jpg


「スケッチしている最中に小雨が降って来たので、付添のワ-カ-さんが

傘をずっとさしかけていてくれました。

そのようなお手伝いをしてくれるケアび-くるのサ-ビスがあるからこそ、

私は写生に行かれます。

絵を続けていけるのです。

そこのところを強調したいです」





うれしいお言葉です。



写生に行かれる前には、事前に現場を下見し、

車の駐車場所、公園内で車椅子で移動できる範囲、

トイレの場所、写生ポイント候補等をしっかり調べておくことが、

当日のスム-ズな写生につながります。


今後も、ご利用者さんのご要望にお応えし、

生活が豊かになり、心も体も健康にお過ごしいただくお手伝いができたらと思います。(W)






[ 2015/10/22 11:04 ] サービス事例 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する