FC2ブログ

〝ケアびーくる便り”

大和市で、車両と介助で外出の仕事をしている、NPO法人ワーカーズ・コレクティブ ケア・びーくるの日々のつぶやきブログです。             ホームページ:http://care-vehicle.org/ 

さようなら  初代 キャラバン

今日、ケアびーくるの福祉車第1号の、日産キャラバンの、

お別れ会をしました。

今は、現役を退いた歴代のメンバーも駆けつけてくださり、

にぎやかにキャラバンを送り出しました。


IMG_6462a.jpg
(クリックしてください。 写真の全体が見られます)

最後に、ありがとうの気持ちを、車体にマジックで書きたいと思ったけれど、

運転して工場まで行ってくださるTさんの、

運転していて恥ずかしいので、ほどほどにしてください」の言葉に、

正面の少しだけ書いただけにとどめました。


都合がついて駆けつけることができたみんなで、キャラバンの前で記念撮影。

IMG_6447a.jpg


福祉車両第1号が来るまでの思いを続きに書きました。


福祉車両をいただいて、ほんとうにサービスの範囲が広がったことでした。

ご苦労さま!  愛車 キャラバンくん!



ケアびーくるは、1998年5月に市民事業として立ち上げました。

当時は、メンバーの所有する数台の乗用車のみでサービスをしていました。


当時は、広報もほとんど口コミだけ。

しばらくは、週に2件というペースでした。


そんなある日、説明を聞きたいとの依頼が入り、

エレベータの無い集合住宅の3階のお宅に伺いました。


お部屋には、熟年のご夫妻が住んでいらっしゃり、

寝たきりで、体も硬直していらっしゃるご主人を、

奥様が一人で介護をしていらっしゃいました。


ご自宅で訪問医療を受けていらっしゃいましたが、

2か月に1度、病院に出向き検査をする必要があるという事で、

ケアびーくるに依頼できないかというお問い合わせでした。


聞けば、葬儀屋さんにお願いし、通院せざるを得ず、

半日の通院で、費用も25,000円かかるとか。


通院に葬儀屋さんにお願いするというのも、お辛いことでしょうが、

高額な費用も大変とおっしゃっていました。


結局、まだ当時は福祉車両を持っていなかったため、

お断りせざるを得ませんでした。

その時、心から福祉車両が欲しいと思いました。


ほんとうにお困りの方のお力に、何とかなりたいと、

あの時ほど強く思ったことはありません。


そして、日本財団に日産キャラバンの助成をお願いすることにしたのでした。

幸い、翌年に早速応募し、1999年11月に助成が決定しました。

もちろん、オプションでストレッチャーの装備した福祉車両でした。


車が届いた日、都合のつく5人ほどのメンバーで乗ってみました。

乗り心地も良くて、ピカピカの新車。


あの日の嬉しさは、もう、ほんとうに言葉では言い尽くせないものです。



あれから、足かけ17年。

日産キャラバン1号は、大活躍してくれました。


とうとう、今日、自動車工場へスクラップになるために旅立っていきましたが、


車を作ってくださった方、寄贈してくださった日本財団さんにも、

ほんとうに、ありがとうと感謝の気持ちでいっぱいです。

IMG_6464a.jpg

↑ 名誉の負傷後  最後の雄姿。


IMG_6466a.jpg

さようなら~~






[ 2016/02/05 20:51 ] 出来事 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する